相談の前に知っておきたい注意点

Pick Up Contents

保険相談の前にしておきたいこと

保険の相談をする前にしておきたいことは、自分と家族がどういう補償が必要なのかどういう形態が合うのか、あらかじめ自分で決めておくか家族とよく話し合っておくことです。
具体的には生命保険の場合なら、入院時の補償はどれくらいあると助かるか、死亡保険の補償はどれくらい重視するか、がん保険など特定医療の補償はいるかいらないか、掛け捨てがいいか終身がいいかなど分かる範囲で構いませんので目安を決めておくと、相談に行ったとき自分と家族に必要のない補償を勧められても迷うことなくお断りできて、無駄な出費を抑えることができます。
また、支払い方も年払いや月払い、口座引き落としにクレジット払いなどあります。どれが自分にとって無理なく支払え、割引やポイントサービスが受けれるかを考えておくことも大事です。
さらに比較的保険料が高い代理店型か割引を受けながら保険料が抑えられるダイレクト型かそれぞれのメリット、デメリットをあらかじめ調べるなどして、どちらが合うかだけでも決めておきたいものです。
保険に加入することは大事であると共に大きな買い物のようなものです。ただ何でもいいから入っておけばいいと考えるのではなく、十分に下調べをしてから自分や家族に1番合うものを探してください。

保険を見直したり追加する際の注意点

日本の皆さんは保険が好きです。保険大国と言っても間違いないくらいです。自動車保険では約九割、生命保険でも約八割が全人口に対して加入しています。
しかし、保険と一言で言っても会社も種類もたくさん存在していて実際どれが自分に当てはまっているのかがわからないのが現状です。そこで自分に合った、家族にあった保険に加入するための注意点を記載いたします。
もちろん保険ですので、万が一の際保険金が出ないようでは意味がありません。ですが、月々の保険料も負担となりますし、補償を下げては満足いく結果になるかも不安が残ります。
何事もそうですが、適正なラインが存在します。保険料の適正は月のお給料総支給額の一割程度が適正な保険料です。
保険料負担が多すぎると、補償はあるが、首を絞めてしまい、負担が少ないと満足いく補償が受けられなかったりします。保険はプロに相談して決めるのが安心ですね。
まず、ご自身や家族全体で保険料をいくら払っていて、多いのか少ないのかを見極めてから見直しの準備をしましょう。
FP資格を持っている保険募集人は、ライフバランスを重要視をして保険の見直しのお手伝いをしてくれます。
収入と支出のバランスこそが、将来安心して生活するための判断材料になります。

Copyright(C)2017 無駄の削減と将来の安心を手に入れるためにおすすめの保険の相談 All Rights Reserved.