保険を見直すタイミングとは?

Pick Up Contents

保険を一度考える

保険というものはいざというときの経済的損失を防いだり、病気になったときなど様々な商品があります。今ここで自分自身が入っている保険の全てを理解している人が何人いるかと思うとほとんどの方が分からないと思います。保険も日進月歩進化していますので、5~10年に一回は見直す癖付けが必要だと思います。見直すといってもどうすればいいのと思う方もいると思います。自分の場合は保険の専属代理店ではなく、複数の会社の商品を取り扱っている総合代理店に相談するようにしています。
そうすることで今まではこの商品がよかったけれど、他社で新商品がでて補償内容がよければ乗り換えることもできるからです。1社だけであればその会社の商品しか取り扱えないので、情報量が極めて少ない状態になるからです。あとは保険といえども対する営業マンが信頼できるかというところも重要視しています。何でも相談できて、いざというときの対応力がある方であれば、更に安心感は増しますので、何でも話すことができる相手かどうかを見極めるのも重要だと思います。信頼関係が生まれることで、本当に必要な補償は何なのかを一緒に考えていくことで、何かあったときにはこの人に連絡することができるので、とても重要だと思います。

保険の解約は相談してからがおすすめ

年末調整の時期、支払った保険料を見て金額に驚くことがあると思います。家計のために解約してみようかなと考えてしまいますが、でも補償がなくなるのは不安ですよね。一般的に保険料の目安は収入の1割と言われています。生命保険やこどもの学資保険、自動車保険、家の保険。いろいろな種類があって、どの部分を削っていいのやら残した方がいいのか、証書を見ても分かりません。そういう時に、保険のことを全般的に取り扱っているショップで相談してみてはいかがでしょう。
加入している保険会社がその保険について一番詳しいとは思いますが、加入している保険全体の事を考える時は1社ごとに聞いていくのは至難のワザ。情報も足りません。家計にとっての総合的な保険のバランスを見てもらうのが手っ取り早いのです。よく、保険のことを無料で相談というCMを見かけますが、そういう会社に相談することで、家庭で加入している保険全体を調べてもらえます。まずは保険の証書をひとまとめにしてファイルに入れてみましょう。
自動車保険の分は車に乗せておきたい場合、コピーを取っておきます。特に、保険のことが分かりにくい場合は店舗での対面相談がおすすめです。ネットで相談の場合は気軽に人と会わずに相談できるイメージですが、自分で証券の内容を把握して入力しなければならないからです。また、店舗に相談に出かける際は事前に連絡をして、日時の予約を入れておくと安心ですよ。

Copyright(C)2017 無駄の削減と将来の安心を手に入れるためにおすすめの保険の相談 All Rights Reserved.